harima

【経営品質チェック!】あなたはどこを目指してますか?

社会の中でなんらかの活動、事業を行うということは、「活動を行う理由」があるはずです。

それは個人でも組織でも、営利団体でも非営利団体でも同じこと。


問1 「あなたのビジョンは何ですか?」


「ビジョン」というのは、あるいは「理念」とか「経営方針」とかいう言葉で理解されているかもしれません。

つまり、「事業等の活動を通じて、何をしようとしているのか?」ということを明文化することです。

「明文化」というのがキーです。

特に個人事業主の場合、自分ひとりですから文章にしたりするのを怠りがちです。どうせ、自分が理解していればいいのだから、頭の中にはしっかりあると。

でも実際は、個人事業主であるゆえに、商品企画・開発、製造、営業、お客様対応、納品、出荷、イベント出店、チラシ制作、ネット店舗管理・・・・やることがいっぱいなので、目の前の作業をこなすのが手一杯。そんな状況では頭の中のビジョンは奥の方に消え失せてしまいます。だから、明文化して目に見える形にしておくことが重要です。

組織であれば、そのビジョンや理念がリーダーおよび幹部の人たち、そして社員の人たちに共感・理解され、常に意識されている必要があります。なぜなら、それが各社員が自分の役割とビジョンを繫ぎ合わせ、仕事の持つ意味やひいてはやりがいにつながるからです。


よくある質問が、「ビジョンって、目標とは違いますよね?どんなものがビジョンなんでしょうか?」

ビジョンや理念というと会社の社長室に飾ってある箇条書きの文面(朝礼とかで唱和するような)や「世の中のxxxxに貢献します」とか「xxxxxで求められる会社」なんかをよく見ますが、あれです。あなたや組織の活動はすべて、そのためだと言える内容になります。なんども自分に言い聞かせてください。「いったい、私(たち)は、何をしようとしてるのか?」。

また、このビジョンも昨今のSCR(企業の社会的責任)も視野に入れながら、社員や取引先、周りの方々に伝えた時に、共感してもらえる内容、そして文章である必要があります。なんとなく頭にあっても、それを伝えられるように文章にするのって結構難しいものです。

ビジョンが定まったら、次にやることがビジョンの具体化です。ビジョンだけだと具体性に欠けるので、ただの飾り物になってしまいがちです。なので、2~3年くらい先を見て、実現したい状況をできるだけ具体的に明文化することが良いと思います。1年に1つくらい、3年だと3つほど具体的なゴールを設定してください。つまるところそれが3年間の中期計画と同じです。

そして、そのゴールそれぞれが社員が自分が具体的に行っている仕事とつながることモチベーションにつながります


これが、事業活動を行う上で最も重要なチェックポイントです。

この問いに、スラスラ~~っと回答できた方は、何の問題も無く事業を進められている方でしょう。

でも、大概の場合、んん~~・・・・と考えてしまうはずです。

ぜひ、どうかお忙しい時間を割いて、考えてみてください。ここがすっきりすれば、その先はきっといろんなことが繋がっていくはずです。


次回は、戦略について書いてみたいと思います。

harima

なぜ、その仕事をするのですか?(「ミチシルベの会」)

昨日、今年1回目の「ミチシルベの会」を実施いたしました。
参加者の方と一緒に、私も自分の事業の棚卸を行い、いろんな気づきを得ました。
2016-01-16 10.17.38

事業を進めていると、どうしても行き詰ったり、毎日が不安になることがあります。
ずっと成功し続けるような事業はありませんから、当たり前ですよね。

そんなときは、だいたい目の前の仕事で手一杯になっていたり、今やっている事業のこと以外考えられていなかったりと、気が付くと視野が狭くなっていることが多いです。

そんな時は、一回幽体離脱して、自分を客観的に見つめ直してみることが良い方法です。

「ミチシルベの会」では、日本経営品質賞の経営品質プログラムをベースとした自己経営チェックツールを使って、自分の事業の棚卸をします。
基本は自分自身で頭の整理をしていきますが、参加者同士で意見を言い合うことで、新しい気づきを得ることもできます。

整理するポイントは4つ。

「事業を通じで目指すもの(ゴール)」
あなたが、その事業を通じて成し遂げないことな何か?それは具体的にはどういう状況なのか?

「お客様とサービス」
そのゴールを実現するために、あなたにとってお客様となるべきは誰で、どんなニーズを持っているか?その人にどんなサービスを提供する必要があるか?

「競争相手」
あなたの事業の競争相手は誰か?いわゆる業界のコンペ企業だけでなく、代替手段(代わりとなるサービス)も競争相手になります。

「経営資源(強み)」
その競争相手に勝つために、あなたの持っている強み、差別化要素は何か?

この4つのポイントで頭の中を整理していき、最後に、これから解決しなければいけない課題や具体的なアクションプランを実行期日を決めて書き出します。

ほとんどの場合、今やっていること以外に、やらなければいけないことが多く出てきます。優先順位が変わることもあります。
もし、今やっていることと変わりがなければ、あなたは本来の目的に向かってきっちり前進しているということが確認できます。

これをやることの効果は、「なぜ、その仕事をしているのか?」という自分の事業の本来の目的を再確認し、進むべき方向を確認できることです。
また、自分が価値を提供すべき相手(お客様)が明確になるので、営業活動や世間の多くのマーケティング手法を効果的に活用できるようになります。(手法に関する情報は氾濫しているので、どうしてもそこから入りがちですが、自分のお客様がどんな人なのかが理解できていない状態ではせっかくのツールも猫に小判です)

そして、一度やるとやり方がわかるので、今後、また同じような状況に陥った時に、自分で頭のデフラグをすることができるようになります。

弊社の目的は、この手法を身に着けてもらって、一人でも多くの事業主の方が、迷うことなく目指すべきゴールに向かって事業を進めていただき、達成感のある、やりがいのあるWork Lifeを過ごしてもらうことです。

ご興味のある方は、ぜひご連絡ください。
グループでも、マンツーマンでもOKです。

詳細はこちら。

経営自己チェックツール「ミチシルベ」