旅の楽しみ方

戦国時代で有名な戦と言えば、長篠の合戦、関ケ原の合戦、大坂の陣などでしょうか。
ここ播磨でも歴史のターニングポイントとなったと言っても過言ではない大戦があったことはあまり知られていません。
中国方面へ侵攻する織田家とそれに対抗する毛利家の狭間で一族の存亡をかけて戦った播磨武士たちが繰り広げた「三木合戦」がどんな経緯でどんな戦いだったのか、数多くある史跡を訪れながら体験してください。
各所に御城印や武将印もあり、コレクションを楽しむことも出来ます。

**バスやタクシーによるツアーなどは企画が出来次第、ご提供させていだきます

序章:波乱への足音:加古川評定

天下人となっていた織田信長。畿内をほぼ制圧し、東は強敵武田家を滅ぼした。
西は丹波方面に明智光秀を派遣し、播磨へは羽柴秀吉が侵攻してきた。
群雄割拠の播磨国内、小寺家家老の黒田官兵衛孝高の影響もあり、別所氏をはじめとした大方の播磨勢は織田家に従うことになり、羽柴秀吉による播磨制圧がほぼ完了したかに思えた。
しかし、さらに西にいる強敵・毛利家へ侵攻するための戦評定が加古川城(加須屋館)で開催され、そこで波乱がはじまる・・・・。

三木城主別所家の決断

今後、順次ストーリーを公開してまいります。
To Be Updated Soon

周遊マップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です