旅の楽しみ方

あの有名な宮本武蔵とその養子である宮本伊織は播磨出身説もあり、実際に明石・加古川・高砂などで足跡を残しています。
武蔵の足跡を辿って、武蔵の武将印をコレクションしながら、播磨横断の旅を楽しんでください。

  • 主要なスポットはほとんどが駅から徒歩圏内にありますので、行きたいところを行きたい順番に、電車を乗り継いで巡ることができます
  • 自転車で巡りたい場合は、各駅にあるレンタサイクル「駅リンくん」をご活用ください
  • 各地に宮本武蔵・伊織にまつわる武将印を配置していますので、ぜひコレクションしてください

**バスやタクシーによるツアーなどは企画が出来次第、ご提供させていだきます

謎多き剣聖・宮本武蔵とその子・伊織を訪ねる旅

宮本武蔵といえば、佐々木小次郎と の巌流島での決闘でその名前を知っている人も多いかと思います。
「五輪書」を記し、兵法家(二天一流兵法)、芸術家、工芸家として、マルチナ才能を発揮した歴史上でも稀有な人物。
今でもファンは多く、武蔵の足跡を求めて全国を旅する人が絶えません。

その宮本武蔵の出自については、現在も諸説あり謎多き剣聖です。ここでは、播磨における武蔵・伊織の足跡・実績とまつわるスポットを初心者の方が分かり易いように、旅を楽しめるようにご紹介します。

武蔵の足跡 in 加古川:「武蔵の意志を継いだ名宰相・宮本伊織」

武蔵の足跡 in 明石:「宮本武蔵、明石城の町割り・庭園を造る」

TO BE UPDATED

武蔵の足跡 in 高砂:「宮本武蔵・伊織の生誕地」

TO BE UPDATED

周遊マップ

協力・支援

当サイトへの情報掲載、印のデザイン検討・取扱いなどご支援をいただいております。

泊神社
宮本武蔵・伊織顕彰会・加古川支部
泊神社・伊織会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です