父方の両親は私が生まれた時には他界しており、自分のルーツがいまいち不明だったので、先祖調査を依頼しました。
なんと1760年(江戸時代)まで遡ってくれました。
父は兄と二人兄弟で、4歳頃に自分の父(私の祖父)が亡くなった時点で、身内から縁を切られ、幼少期は凄い貧乏で、
苦労したと言っておりました。実際幼少期の自宅前で撮影した写真は、『え?馬小屋?】って思うほど、貧相な家でした。

記憶違いもあるんだろうなと半信半疑に思っていましたが、この先祖調査で確信に変わりました。
私の祖母は、一度も父側の籍に入っていない、妾の子供でした。
推測になりますが妾だったから、祖父が他界した瞬間に縁も切られたんだろうなと。
そして、父は二人兄弟と聞いておりましたが、母違いの姉妹が6人いて、合計8人兄弟でした。

祖父の本籍(本家側)を調べたら、とっても立派な家でした。
私の父は他界しており確認できませんでしたが、私の母にも話しましたが、この事は知りませんでした。
父と叔父が幼少期苦労している時に、本家の援助が少しでもあれば、また父は違う人生だったのかなと思ったり、
父はこの事実を知っていたんだろうか。とか父の事を思い返すきっかけになりました。

私自信は本家を恨む事もなく、本家の方がHPに掲載されており、少し父の面影があるような気がしました。
本家を私の代で抜いて、もっと立派な人間になり、私の子、孫に繋げるという決意しました。
めちゃめちゃ長くなりましたが、本当に調査してよかったと思います。
ご自身のルーツが不透明な方は是非おススメします!
宣伝みたいになってしまいますが、知人にこの話をしたところ、早速2人が調査依頼をしておりました。
ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です