宮本伊織貞次

宮本武蔵は実子が無く、二人の養子がいた。
1人目は武蔵が大坂夏の陣で水野家の客将として参加していた縁で、家臣の中川志摩の助の三男・三木の助。
2人目が、播磨米田の田原久光の次男・伊織でした。


伊織は播磨高砂米田の田原家の生まれで、武蔵の養子となり、明石城主小笠原家に出仕。若くして家老職まで上り詰めます。小笠原家が小倉へ転封(異動)になった際に同行し、島原の乱にも出陣。ついに、小笠原一族を超えて筆頭家老にまでなりました。以後、明治維新までその地位は変わらなかったと言います。
武蔵亡き後、先祖の供養や主家の繁栄を願って、 故郷である播磨で米田天神社と泊神社の社殿再建を行い、石灯篭・三十六歌仙の額を奉納しました。泊神社の社殿再建の際に、「棟札」も奉納しており、ここに宮本武蔵・伊織の出自についての記載があることで耳目を集めました。

泊神社と棟札

泊神社を再建する際に、灯篭や和歌などを奉納していますが、棟札も奉納しました。
そこに、宮本家の出自に関する記載があることで、耳目を集めるものとなりました。

はたして、この記載と別の書物に記載の事項との関係性・整合性はどうなのか?
いろいろ想像・妄想することが出来ますね。

余(伊織)の先祖は62代の村上天皇の第七王子の具平親王の系列で、赤松氏の出である。 先祖の刑部大夫持貞の時、運がふるわなかった。故に、その顕氏(赤松)を避けて、 田原に改称して、播州印南郡米田村に住み、子孫代々ここに産まれた。 曽祖父は、左京大夫貞光といい、祖父は家貞といい、父は久光といい、貞光以来、相継いで、小寺それがしの麾下(家来)に属してきた。 故に、今も筑前に於いて子孫を見る。
作州に神免なる者がいたが、天正の間、あと嗣ぎが無いまま、筑前秋月城で亡くなった。 遺を受け家を継承したのを、武蔵掾玄信といい、後に宮本と氏を改めた。 また(武蔵にも)子が無いため、余が養子となった。 ゆえに余は今はその氏(宮本)を称している。
余の結髪(元服)の頃、元和年間に、信州出身の小笠原右近大夫源忠政と、播州明石で主として関わり、今また豊前の小倉で従っている。木村・加古川・西宿村・船木村・西河原村・友澤村・稻屋村・古新村・上新村・米堕・中嶋・鹽市(と枝村の今在家村・小畠村・奥野村・小河原村)・今市、総17村の氏神を、泊大明神と呼び奉っている。 古くからの伝えに云う所、紀伊の日前神を勧請し奉っている。 しかも、米田には、また別に菅神を崇っているのである。 近頃二社ともに、ほとんどくずれ朽ちている。 余の一族は深く嘆いている。 故に、一つは君主の家の運栄久を奉祈し、一つには父祖世々の先志を慰めたいと欲する。
しかるに謹んで告げる。家兄の田原吉久・弟の小原玄昌、及び田原正久などと、匠の技をしたがえて事をなし、今ここに新しい二社を得た。その神の威厳を人が天から得るにおいて、具えることは一つも無い。 いわゆる、心称誠道とはこれである。 ならば則ち祈らなくともただ従って、その神護は知ることは可能である。 ただしかるに、常人の質は皆、天の徳をかくしている。 しかもその初め、ほしいままに純一で赤い願いではできない。 運を祈り、志を継ぎ、神と人の感通を仰ぎ願う。その玄昌が小原の氏者となったのは、摂州有馬郡小原城主の上野守信利、その後嗣ぎ信忠、私を生んだ母一人で、男子が無く、天正の間、播州三木城主の中川右衛門大夫に従い、高麗で戦死したに到。 故に、母の命にしたがい、玄昌にその氏を継がせたという。
時に承応二(癸巳)年五月日、宮本伊織源貞次、謹白

泊神社棟札内容を抜粋

アクセス

徒歩:加古川駅から南へ徒歩約20~30分
バス:神姫バス「稲屋」加古川駅前4番のりば もしくは かこバス「稲屋」加古川駅前3番のりば
自転車:加古川駅前南口えきりん君

御城印・武将印

ご購入希望の方は、当地にてお買い求めくださいませ。
デザイン等は季節やタイミングにより変更となる場合がございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です