東播の重要地、加古川。ここで、未来の街づくりを議論する場所があります。

参加者は加古川市民だけでなく、明石、姫路、神戸、など播磨各地から志ある人が集結。

その会議ももう10回目。神戸新聞さんにも紹介されていました。
2016-05-20 10.13.34

現時点で、4つのPROJECTが走り始めています。
「みんなの~えん」
休耕田の利活用と無農薬野菜の栽培、6次産業化をめざす。

「大人の社会科見学」
加古川エリアのスナックなど夜のお店をもっと賑やかにする。

「東加古川PROJECT」
かつて神戸製鋼でにぎわった町。もう一度この地の活性化をめざす。
FBページはこちら

「加古川を歴史で盛り上げる」
加古川には古代から近現代まで面白くて重要な歴史がいっぱい。この歴史をもっと地元や他の方々にしってもらいたい。
FBページはこちら

わたくしは、「加古川を歴史で盛り上げる」チームに参加させていただいており、状況の報告をさせていただきました。
kakogaw kakogaw00

古代から近現代の加古川の町の移りかわりまで、この町がどんな町で、どんな人がいて、どんなことがあったのか。そういうことを知ると、見る目が変わります

だからといって、加古川が一番だ!!なんてことは目指していませんよ、もちろん。
神戸はシャレオツだし、姫路にはお店がいっぱい、他にも歴史ある、魅力ある町がいっぱいありますね。
加古川もその一つだということをみんなが認識できたら、それでよいと思っています。

人に自慢できる町でありたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です