神戸市北区淡河

神戸の少し北側に「淡河(おうご)」という町があります。
いまは、神戸市北区の行政区に入っていますが、昔は播磨の国・美嚢郡で、西隣の三木と同じ地域でした。

淡河には淡河城もあり、淡河弾正定範という武将がいました。三木城の別所家とは親戚関係で、三木合戦では織田家の羽柴軍に一泡吹かせたという歴史もあります。(最後は三木城近くで討死)

他にも道の駅や奇麗に復元され、カフェなど市民の憩いの場になっている淡河陣屋などみどころもたくさん。

絶対立ち寄り!萬月堂の豊助饅頭

今回ご紹介するのは、中でも淡河に来たら絶対ココに立ち寄るでしょ!という「萬月堂」さん。
明治15年創業の超老舗の和菓子屋さんで、淡河陣屋とはセットのようなもの。

色んな商品の中でも、代表は「豊助饅頭」。
初代・豊助さんの名前を戴いた銘菓です。その他にも季節によってさまざまな商品が店頭に並び、選ぶのに大変。
今回は、豊助饅頭と甘酒水まんじゅう、苺のクリーム大福そして冷やしみたらしを購入。
もちろん、どれも間違いなく、あっという間に平らげました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です