年末年始に、とあるドラマを見ました。

2020年も終わり、2021年がスタートし、はやくも成人の日が過ぎてしましました。コロナも終息する気配を身ぜず、人々は病気だけでなく、経済的にも苦しめられ、苦難に耐える日々です。

今年の年末年始はコロナの状況を考え、帰省するのを控えました。なので、暇。
そこで、以前から気になっていた海外ドラマシリーズを2シリーズいっきに見てしまいました。

「Pacific」
「Band of Brothers」

「Pacific」は第二次世界大戦における太平洋戦争。アジアからオセアニアに版図を拡大していく日本とアメリカが戦った戦争。ガダルカナルやペルル―、そして硫黄島や沖縄といった凄惨な戦場が描かれています。

一方、「Band of Brothers」は、同じ第二次世界大戦のヨーロッパ戦線。こちらも版図を広げるドイツと連合国が戦った戦争。その中でアメリカ軍の目線から極寒の戦場が描かれています。

いずれも、スピルバーグとトム・ハンクスが指揮をとった名作です。

戦場は凄惨を極める。

どちらの作品でも同じですが、戦場ではそれまで普通の生活をしていた一般の市民が招集され、または「操作された」国内の戦勝ニュースなどでマインドコントロールされて「志願」した兵隊が、隊に入隊して過酷な訓練を受け、最前線に派遣されていきます。

そして、砲火兵器が主流となった現代の戦争では、一瞬にして命が奪われていき、生き残ったものは真に「奇跡」としか言いようがない状況が毎日のように続きます。
さらには、敵は兵隊だけではありません。太平洋の島々では亜熱帯の気温、島特有の湿度、雨、マラリアなどの病原菌など、気が狂いそうな日々を強いられます。

事実、どちらのドラマでも凄惨な場面を目撃し、目の前に「死」を覚悟する経験を繰り返すと、「正気」を失い、錯乱する者や生気を失い自殺する者などが出てきます。

ネタバレするのも良くないので、これ以上は書きませんが、いずれにしても絶対に経験したくないことが、およそ70年ほど前に行われていたのです。40代くらいの人なら祖父や曾祖父が経験している、現実です。

戦争は些細なことで始まる。

確かに、「つい最近の出来事」「歴史」なのだが、「過去のモノ」と処理ができないのが現状だと感じます。
太平洋戦争も、ご存知の方も多いと思いますが、当時の日本政府はアメリカとの戦争回避を目標にしていたにも関わらず、満州の関東軍を抑えきれず、それを抑えようと東条内閣を立てたが、結局は失敗し、真珠湾攻撃となるわけである。
その時に、国民は「偽情報」で事実を知らないか、察知していても抗うことはできない。

一方、アメリカは日本が朝鮮の次に満州に侵攻し、満州国を樹立し、中国とも争いを始めている。そして、石油などの資源を求めて東南アジアへも版図を広げている日本に対し、中国にある権益を独り占めにされるのは避けたい、そしてこれ以上大きな国にはさせたくないという国際政治的な意図(これはアメリカだけでなく英国など連合国側すべて)があり、戦争に踏み切る。

つまるところ・・・・
その時の為政者の損得勘定、プライド、そんなもので戦争は簡単に始まるのである。

今はどうなのか?

black textile
Photo by Pixabay on Pexels.com

70年前は、当時の為政者の意図や国際政治のパワーバランスの結果だったが、今はどうだろうか?
冷戦で米ソが拮抗し、長い間国際政治のパワーバランスはある程度安定した時代が続いていたと感じる。しかし、この数年で中国が経済的に急成長したこと、アメリカでトランプ政権がスタートしたことで、いっきにそのバランスが崩れています。

中国はお金を武器にアフリカや中東、さらにはヨーロッパまで「一帯一路」戦略で取り込みはじめ、南沙諸島、尖閣諸島では「中国の領土」と明言し、国際法(国際海洋法)などは事実上無視して専横を極めています。
中国は対米戦略が最優先で、アメリカに太平洋を自由にさせないために、それらの島々やさらには日本列島をも最前線として取り込む計画をしていると言われています。

アメリカはそんな中国の意図を踏まえ、ネットワーク産業における中国企業の排除など経済戦争をすでに始めています。(バイデン大統領になって、関係性がどのように変化するでしょうか・・・?)

人は同じ過ちを繰り返すのか?

earth blue banner sign
Photo by Markus Spiske on Pexels.com

ということで、テーマに戻ります。
前述の通り、今は70年前のように、すごくきな臭い世界状況、パワーバランスになってしまいました。

歴史的に考えても、かつての大日本帝国もいまの中国も、アメリカもその他の国も、いまだに「覇権主義」的な考え方で、自国が最大限の利益を得るために、他国を抑え込むという「価値観・考え方」から抜け出せていないように感じます。
私たちは、いつまで1つの地球の中で内輪喧嘩を繰り返し、多くの人が悲しい想いをしなければいけないのでしょうか。

ガンダムの地球連邦みたいに、いつしか地球が1つにまとまる時が来るのだろうか。宇宙人から攻撃してもらう(外圧)しかないのかな?攻撃されたら、ひとたまりもないか・・・・きっと、宇宙人は笑ってるだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です